« ニッキの水芸 | トップページ | なんだろう? »

クルト君、お帰り!

070507yamafuji

 しつけ教室の会場に向かう途中で思わず車を停めて撮影した滝のような山藤の群落。その無造作な風情に圧倒された。

070507kurt_1

 お仕事の関係でフィリピンに滞在されているchobiさん家のクルト君が健康診断や検疫のため一時帰国。そのお時間を利用して久々にしつけ教室に参加してくれた。ニッキ、懐かしさのあまり、もふもふ~♪

070507kurt_2

 宝石のようなコートを持つクルト君。聡明で愛らしい、家族の真ん中にいるとっても幸せな子。

070507training_1

 相変わらず、エンジンのかかりが遅い誰かさん。叱っても、もう以前のようにむきになっての反抗はしない。自分が何を求めているのかは十分にわかってくれたのだと思う。

070507training_2

 学友チェリー君、Tシャツを着るとぱつんぱつんに見えてしまう。サモは逆に頭でっかちに見えてしまうんだよね…。

070507training_3

 そこはかとなくをかし(笑)

070507training_4

 ちょいとデッサン狂ったような表情の下膨れニッキ。

070507training_5

 根負けして、長期のマテに応じた体勢を取るニッキ。

070507puchi_1

 連休明けののんびりとした王国ドッグランへ。入り口近くのヌマスギの木の根元にマーキングしてからドッグラン内の定位置に「大」投下。

070507hyakuyubou_1

 百友坊では、中堅サモエドのチロルが若い柴犬のヨシに犬の社会科を文字通り口伝で教え込む。これもカザフ父さんから教わったこと。

070507hyakuyubou_2

 ゴン吉さん、立入禁止だそうですよ。字が読めなければオッケー?

070507hyakuyubou_3

 楓は赤いハーネスを着けていた。白地に赤がサモエドらしいね。毛が生えそろったら、素敵な首輪をプレゼントするからね。

070507hyakuyubou_4

 ラーナ最後の子になるだろうとのことで「トメコ」との仮称をいただいたサモ娘。離乳食によってできた口の周りの泥棒顔もご愛嬌。

070507hyakuyubou_5

 ちょっぴり日向ぼっこ。

070507hyakuyubou_6

 日向ぼっこの大先輩、にゃんころべー。6kgオーバーの巨ネコ。

070507hyakuyubou_7

 ベルクの祭壇は喪主でもある息子カボスがしっかりと守る。ベルクの思い出もまた。

070507hyakuyubou_8

 ラーナ母さん、乳の出は良くないみたいだけれど、トメコは一生懸命乳首に食らい付く。一人っ子なんだからどこでも選り取り見取りだね。白夏たちはこういうわけにはいかなかった。

070507hyakuyubou_9

 コボちゃん、美味しそうに水を味わう。たくさん食べてお肉を付けてね。

070507hyakuyubou_10

 今日は比較的きれいなダーチャ。そして、比較的真面目な表情。

070507hyakuyubou_11

 スッキリした感じに撮れたチロル。夏バージョン?

070507hyakuyubou_12

 弁天島のきじとら2頭。野生の迫力。

070507puchi_2

 ニッキ、待たせたね。本日はニッキの貸し切り。インストラクターのAさんも別のエリアでお仕事。まあいずれにしてもあなたの主な仕事はドッグラン全域のマーキング作業だからこれでいいのだ。

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

|

« ニッキの水芸 | トップページ | なんだろう? »

しつけにっき」カテゴリの記事

コメント

クルトくん、お久しぶり〜。素敵なコートはいつ見てもホレボレします。ニッキくん良かったねぇ。
ニッキ義兄さんへ ボクがプチに置いてきたお手紙読んでくれた?え?女の子のだけ?わ〜ん(×_×)

投稿: ちょびん&ノエル | 2007年5月 8日 (火) 09時04分

>ちょびんさん、ノエル君

だいじょうぶ。ちゃんと読んだよ。ノエル君、オビ義父さんめざしてがんばっているんだねって感心したよ。オビ柵の前にはノエル父さんの作ったオーナメントが飾ってあったよ~。カッコよかったな!

投稿: にっき | 2007年5月 8日 (火) 10時38分

連休明けのきのうは さすがにまったりの王国でしたか?
我が家は前日(6日)のあの雨に日に行ってきました。みんな泥汚れ びしょぬれだったのに まあサモちゃんたちのきれいなこと・・・。(笑)
こうして写真を見ていると また行きたくなっちゃって まったく困ったもんです。(笑)
王国でも 山に咲いてる藤の花がみごとでしたね。

投稿: うえはら | 2007年5月 8日 (火) 14時53分

>うえはらさん

サモは多少汚れても乾けば真っ白になるというサモエドマジックを使えるんですよ(笑) 体についていた泥や埃はどこに行っちゃうんでしょうね~。

山藤や桐の花の薄紫、桜のピンクに慣れた目を驚かせてくれますね。

投稿: これみつ | 2007年5月 8日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/14992214

この記事へのトラックバック一覧です: クルト君、お帰り!:

» 柴犬 [柴犬 愛好家]
柴犬の由来や柴犬ブリーダー、しつけなど可愛い柴犬について語ります [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 10時35分

« ニッキの水芸 | トップページ | なんだろう? »