« 秋の夜風 | トップページ | くちゃくてきちゃないけれど »

こいつのために

060905hidume_1

 今日から後期の通常授業が始まった。悲しいことがあろうと嬉しいことがあろうと日常は猶予を与えてはくれない。日程の詰まった講習時に比べれば体は楽だが、2月の志望校合格へと確実に向かわせなければならないプレッシャーがかかる。その初回とあって、今日はいろいろなことを子どもたちに伝えなくてはならなかった。

 日曜日に行われた模擬試験の結果に一喜一憂している子どもたちを前にひと言。「良くも悪くもこれが結果。当たり前のことだが原因があって初めて結果が存在する」。夏の間、コツコツとがんばったことが実った子もあれば、周囲の目を気にし過ぎて本当の自分のペースを掴めなかった者もいる。アブなそうな状態に対して、一応の注意はしたものの、本当に拙かったな、失敗したなと感じるのは、やはりシビアな結果に直面してのことだろうと思う。賢い子はこの後期から熱に浮かれたような行動を慎み、研ぎ澄まされた刀のように行動に品格と重みが出てくる。

 厳しいかもしれないが、結果から自分の日ごろの行動を謙虚に反省して欲しい。いや、自分だってそうすべきなのだ。これはお互いが影響しあって高みに上っていく基礎だから。しょっぱなから運よく好結果を収めるより、わが身のこととして、腐らず素直に軌道修正できるのならばその方がずっとためになる。夏の間、確実に頭を使ったはずだ。培ったはずの力をどのように得点という成果につなげていくか、あとひと踏ん張り考えてみて欲しい。いつかそのうち、ではなく今すぐに変われることってあると思う。今までの失敗をすべてひっくるめて成長へのエネルギーにしていって欲しい。

 後期初日の仕事から帰って、ニッキが出迎えてくれた。ひづめを咥えて暢気なものだが、こいつが元気でいてくれるから心置きなく仕事に打ち込めるわけだ。感謝!

会心のクリックを!→ Ranking_banner_1

|

« 秋の夜風 | トップページ | くちゃくてきちゃないけれど »

しごとにっき」カテゴリの記事

コメント

うーん私の身にもしみるお言葉です

投稿: シトラス | 2006年9月 6日 (水) 12時40分

>シトラスさん

自分より子どもたちの方がずっとしっかりしているなって感じることが多々ありますよ…

投稿: これみつ | 2006年9月 6日 (水) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/11779522

この記事へのトラックバック一覧です: こいつのために:

« 秋の夜風 | トップページ | くちゃくてきちゃないけれど »