« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

メンテナンス

060131ame

 来期のスケジューリング、テキストの下読み、税の申告、大納戸の資料整理、PCデータのバックアップ…、今のうちにきちんとしておかなければ日々の生活に支障の生じそうなことを少しばかり進めた。本来が怠け者なので、十分な準備と前倒しの作業を行うことで、突発的なイベントの集中とそうした状況下での気力の萎縮を避けたいのである。怠け者なりのリスクヘッジといって良いかもしれない。時間に十分な余裕がある時にも、作業に追われている忙しい時にも生活のメンテナンス作業というのはつい後回しにしてしまうようである。ただ、こうした作業というものは手をつけるまでは億劫でも、いざ作業を初めてしまえば中途半端に終わらせるのを避けたい気持ちがどうにかキリの良いところまで引っ張っていってくれる。結局は自分の弱さや気質(怠けたい気持ちがある一方で意味のない几帳面さに縛られるところがある)をうまく組み合わせて気の向かないことをやっていくことで、まともな社会人としてなんとかやっていけるのだろうね。

 メンテナンスといえば、ニッキもこのひと月以上定期健診に行っていない。しつけの勉強とブラッシング&トリミング、そしてそれらの土台である健康(精神面を含めて)維持をバランスさせなければ犬と暮らす者として不十分だろう。近頃、非常に食欲が旺盛でちょっと太ったような気がする。27kgくらいになっていそうな気もする。できれば、今日にでも獣医さんを訪れて、ダイエットの要否など伺いたかったが生憎の雨のため中止。明日は夜明け前に起きて入試応援に出るが、もし家に戻って眠気に負けなければニッキの健康診断に出かけよう。

雨はつまらない  banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健闘を祈る

060131soukoukai

 今日は明後日から入試に臨む6年生の壮行会。2つの教室を掛け持っているので両教室に顔を出してきた。こういう時に嬉しいのが何といっても昨年の卒業生の応援。1年経ってもこれだけの子ども達が集まってくれる。ありがたく嬉しいことである。

 今年送り出す生徒達もまた来年、こうやって集まってくれるだろうか…。握手をして教室を送り出すときの表情はいずれも輝いていた。間もなく到来する試練を乗り越えて、来年ここに集う彼らの姿を早くも見たような気がした。

笑顔忘れるべからず  banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一区切り

060129yakei

 本年度最後の授業となる志望校別の最終特別対策授業を終えて家に戻るとどっと疲れが出てきた。もう一仕事しようとふんばったが、夕食を取った後ということもあって睡魔に抗することができず、ちょっと横になったら2時間近くすっ飛んでしまった。気力だけでは如何ともしがたい時もある。一応の一区切りであることを頭ではなく体が感知して疲労回復を図ったのであろう。あれこれ考えるよりも巧みな自動運転を時として人間はしているように思う。

 明日は子ども達の壮行会。そして明々後日は入試本番を迎える。入試応援に問題解き、教室待機とまだまだ暫くは気が抜けない。ニッキと戯れるのももうちょっとガマン。

夜明けは近い  banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッキにお駄賃をもらう

060128odachin

 換毛期―フローリングにフワフワと綿ボコりが舞う時期になると、サモ飼いさんは憂鬱になることだと思う。幸か不幸かサモエドがJKCの年間登録件数で50位辺りを彷徨う不人気犬(同順位には日本犬やコリーを別にすれば見たこともないような犬種が並ぶ)である理由の一つにこのふっこふこのコートの手入れの難しさという点が挙げられよう。実際、サッシュのレールや戸車、掃除機のヘッドに絡みつき、衣服、果てはご飯にまでこの白い毛は侵入する。電車の中でふと自分の着ているコートを見るとサモ毛がそよいでいる…。

 しかしながら、この厄介者のサモ毛も、ちょいと視点を転じれば素晴らしい資源、宝物なのである。静電気と闘いながら、丁寧にコートを梳いてやり、コンビニ袋に少しずつ貯めていく。この換毛期はまさに豊穣の時期でもあり、数日前にすっかりブラシをかけたつもりでも不思議とまたたっぷりと抜け毛が確保できる。そんなばかなことはないのだが、なんだか無限に取れそうな気にもなってくる。

 で、大き目のコンビニ袋に一杯になったら防虫のためにミント水をスプレーして保存。そして大袋が4つくらい貯まったら、サモ毛から毛糸を紡いでくださるサモ友さんのところに宅配便にて送る。暫くすると、本当に見事なサモ毛糸となって戻ってくるという寸法である(クリン母さんありがとうございます!)。室内飼いをしているためか、換毛期も年2回ということはなく、大換毛、小換毛といったサイクルはあるようだが、年に4~5回くらい「収穫」の時期はある。サモエドだけでなく、他の犬種でも羊毛を混ぜることで毛糸を作ることができるらしい。今まで抜け毛をポイしていた方はぜひ、犬毛関係のサイトをチェックすることをお奨めしたい。

060128hora

 1回のコーミングでこんなにぎっしり取れる。道具は「ディアトリベー」さんの発明にかかる「ピロコーム」。

060128samokke

 空を泳いでいるニッ毛。この後捕まえてコンビニ袋に併合。

060128thanks

 気合いを入れてブラッシングをしてやればこいつからたっぷりとお駄賃がもらえる。

犬毛は最高!  banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大叔母と

060128hiabi

 去年の秋から我が家で暮らす大叔母。当初はニッキや小太郎の扱いもおっかなびっくりだったが、今ではすっかり打ち解けて、人間の子どもに対するように会話をしているのが聞こえることもある。

 魚心あればなんとやらで、ニッキや小太郎の方でも近頃は大叔母に懐くようになり、見ていても微笑ましい。また、ニッキは、足腰の弱った大叔母に対しては飛び付いたり、要求吠えをしたりすることもなく、相手が誰であるかによって遊び方、付き合い方にも気を使っているように思える。彼なりに自制をしているのだろう。その点、小太郎は大叔母の部屋まで押しかけてベッドの上にジャンプしたり、甘噛みしたりとサービス精神過剰ではあるが、1日中テレビを見て過ごすような生活のアクセントになっていると思う。大正生まれの大叔母もとうに80を過ぎた。いろいろと大変なこともあったようだが、にくこたに囲まれて平穏な日々を送ってもらえればと思う。

生活リズム狂い気味  banner2

| | コメント (9) | トラックバック (0)

始動

060126nobi

 朝一番のニッキの伸び。日々馴染んでいる光景だけれども、なかなか写真に収めることは難しい。今日は偶々カメラを構えた方向でタイミングよく伸びをするところだった。ブレないように落ち着いてシャッターを落とした。う~ん、もう少し上からのアングルの方が良かったかな。残念ながらそこまでの余裕はなかったみたいだ。

060126breakfast

 今日のニッキの飯。ワイルドな漢飯(おとこめし)寒さに負けないようにたんとお食べ。

えっ!?もう月末…  banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

授業納め

060125twoshot

 今日が自分の担当する5年生の、そして明日が6年生の最終授業。次の日曜日にも演習形式の講座があるが、知った顔の並ぶレギュラー授業とはやはり趣が異なる。

 6年生に関して…もう少しこういう時間が続けばもっと鍛えられるのに、という気持ちと、ここで終わりという区切りがあるからこそ彼らは頑張れたのだという気持ちが相半ば。いや、やはり、次のステップのためにもきちっとしたけじめがあることを意識するべきなのだという後の気持ちが本当なのだろう。さてと、最後の預かりノートのチェックだ。

深呼吸!  banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニッ毛マフラー完成!

060124muffler_1
 コツコツと集めてきたニッキの抜け毛を、昨年の秋からサモ友のクリン母さんに紡いでいただいた。あまりに見事な毛糸だったので大切に木綿の袋に入れて保存しておいた。最初は毛糸の玉のままでも素晴らしいアイテムになるなと考えていたけれど、それでは本来の持ち味を発揮できない。では、何を作ろうかという段になって、実用的なセーターを、とも考えたが、幸いまだニッ毛のストックはあるし、年に数回は換毛してくれるニッキからもまだまだ収穫は可能ということで、まずは使い回しが利くマフラーをということになり、昨日と今日の2日をかけて母が編み上げてくれた。マフラーは4オンス(毛糸4玉)で十分編めるらしい。

 早速首に巻いてみた。サラサラしているのにずっしりと重たい。そして全く首筋がチクチクすることもなく、とても優しい肌触り、優しい匂い。羊毛以上に犬毛が貴重であるというのも理解できるような気がした。
060124muffler_2
          それはもともとボクんだよ
 さて、ではこれを巻いてどこに出かけて行くかということだが、外に行って汚してしまったり、ループのフリンジを引っ掛けてしまったりするのもいやだし、さりとて家の中で巻いていればニッキに分捕られてぶんぶんされてしまうことになるのも目に見えている。う~ん…そうだな、時々こっそり巻こう、ニヤニヤしながら。

いつだってモフモフできるぞ  banner2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

しつけ教室/王国行き

060123training_1

 今日は、城山湖の練習会場までの道が凍結しているかもしれないということで、フードショップクッキーさんでの室内トレーニングということになった。本当は公園までひとっ走りしたいニッキとしてはトレーニングモードになるまで時間がかかる。サモエドとはそういうものなのだ。

060123training_2

 長時間の臥せマテをこなしてから難題の、分離不安克服訓練(ニッキをお店のリードに繋ぎ、自分が店を出ても静かにしている)を実施。ニッキを背にお店のドアに向かうまでは何度かキュンキュン、場合によってはワンワン!と吠えたけれど、それはいけないことだと教えておさらいしたところ、黙って見送ってくれるようになった。先生の話によれば、自分がドアを出て完全に姿を隠してしまうと鼻声を出すこともなく静まるようだ。トレーニングの目的からすれば非常に嬉しいことなのだが、少々さびしいような複雑な気持ちである。

060123Milk_Mike

 営業時間内のお店のスペースを貸していただいてのトレーニングということもあり、お店の看板息子、娘のマイク君やミルクちゃんが吠えたり、お客さんの連れてくる犬がキュンキュン言ったりと結構刺激が多い。この刺激があるためにニッキには却って良いトレーニングになる。

060123training_3

 最後の方は少々疲れたのか、マテの姿勢はご覧のように…。

060123training_4

 そして、一応トレーニングメニューが終わった後、先生の連れてくるイチ君とニッキは手足を投げ出して寝転がっていた。

060123Yokoyama_Park

 トレーニングを終え、クッキーさんを出る。丹沢の美しく見える横山公園を一周したが、道が融雪でぬかるんでいたのでニッキの腹は真っ黒になってしまった。

060123oukoku

 そして、久しぶりに王国ドッグラン・プチへ。ニッキはプチに飛び込むや否や大好きな相棒、ラブラドルのポドリー君を素早く見つけ、一緒に走り回ったり、突き飛ばしたり相撲をしたり…思い切り心身を解放しているようだった。石川百友坊のサモっ子、柴っ子たちもスクスクと育っていた。親友のチロルも嬉しそうに出迎えてくれた。風も強く寒い1日だったが、気持ちはポカポカと温まった。

犬たちにもらう元気  banner2

| | コメント (7) | トラックバック (0)

眩しい朝に

060122snow_morning_1
 洗濯物を干しに出た母の後をついてきた小太郎も雪の中へ。ひゃー、眩しいなー
060122snow_morning_2
 好奇心たっぷりに周囲を歩き回る。こうして見ると小太郎も結構大きくなった。
060122snow_morning_3
 まず、出すもん出しちゃわなきゃ…。はいはい、どうぞごゆっくり。
060122snow_morning_4
 さてと家に入ろうか。小太郎はさすがに足の裏が冷たそう。それでも、堂々とした歩き方だ。ネコの持つ美意識か痩せ我慢か。

所々レモン色…  banner2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

続・雪が降ったよ

060121snow

 雪はハイペースで降り続く。ここ相模原は同じ神奈川県でも横浜あたりの天気予報はあまり参考にならない。

060121tatazumu

 昼前にもう一度出て遊ばせたところ、朝よりも積雪量が増えたことにちょっと喜びを感じているよう。雪を感じている表情。やっぱりサモエドだ。

060121ajiwau 060121youtashi 060121uncyo

 だけど、大きいのと小さいのを出してしまうと、もういいやという感じで家に入ってくる。独り遊びはつまらなくなってしまったのかな…

060121yukigui 060121tachisyon

 夜になって雪も止む。排泄のために外に出すと、少しだけ名残を惜しむかのように雪を食べて…記念に立ちション!?

060121marukunaru

 まあこいつはこんな感じ。そこはそんなに暖かくないだろうに…

あられやこんこ♪  banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪が降ったよ

060121sinamon_roll
                シナモンロール

 予報どおりに雪となった。ニッキ、狂ったように走り回るかと思ったが、家の周りを見渡し、小用を足すとさっさと家に入ってきた。

060121osikko
             まずは出すもの出してから

 もう少し積もらないと面白くないのかな…。

雪やこんこ♪  banner2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

焼き芋

060120yakiimo

 焼き芋屋さんの移動販売車が我が家の近くを日に3度くらい通る。他にも竿竹、廃品回収、卵などの移動販売車が自らの存在をアピールしながら通って行く。大通りでは交通の流れを害して商売にならず、表通りからちょっと入り込んだ路地などの方が都合がよいのだろう。我が家はそんな場所に位置するので、そういった移動販売車の定期経路になるのだと思う。焼き芋屋さんは確認しているだけで3種類あるようで、助手席にでっかい地球儀を据えて、クラシック音楽を流しながら流している変り種もある。大体の相場は大2個、または小3個で500円というところのようだ。家で蒸かした芋も悪くないが、おじさんが軍手で焼き石の中から掘り出して新聞紙に包んでくれる(現在も新聞紙に包むのだろうか?)焼き芋はやはり一味違う。近頃はなかなか買う機会もないが、今度呼び止めて買ってみようかな。焼き芋屋さんの軽トラが来るとニッキは好奇心たっぷりにそちらを見ているが、美味しい匂いを鼻聡く?キャッチしているに違いない。ニッキにも初焼き芋を食わせてやりたい。

060120yakiimo

ちょっと寒気  banner2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風冷たき日

060120morning

 今朝も昨日の遅寝を引き摺っての早起きとなった。起きて暫くはさほど堪えないのだが、昼過ぎとなると電車の中で夢と現の境がわからなくなって、気が付くと下車駅のアナウンスが耳に入っているような状態となる。家で寝られるときは15分でも30分でも寝るようにしているのだが、あともう少しだけ作業を進めておこうと欲張るとその余裕が吹っ飛んでしまう。さすがに教室に入った後は、入試を控えた6年生たちも最後の追い込みで大変な時期なので自ずとテンションは高くなるのだが、ダルな頭では切れ味が保たれない。ダラダラ無目的に過ごす時間は切り捨てて寝てしまうように心がけたい。

 それでも、知人のブログ・掲示板だけはどうしても気になって目を通してしまうことになる。もちろん興味のあるのは某社長日記などではなく、犬友さん、ネコ友さんのサイトである。ニッキの友犬(ライバル?)たちの今日のできごと、そして直接会ったことこそないけれど、犬やネコとの微笑ましい生活に接するだけで気持ちが明るくなるからだ。ただ、いのちというものの本質として、病や死という悲しくつらいできごとも当然ある。ニッキにも気を遣っていただいているサモ友さんのお宅で、11年一緒に暮らした優しいネコの家族が虹の橋を渡った…。数日間の闘病の後、安らかに天に向かったという。

 死というものの実体について、近頃頓に考える機会が多くなった。強がりでもなく、叙情の意味でもなく、ましてやなんらかの功利的目的を持たせようとするものでもなく、考えようと努めるのだが、その頭は知らず知らずのうちにもう別の煩瑣なことを考えてしまっている。死を風呂敷で包むようにそっくり捉えることなど到底できないのかもしれない。できるのだったら、かつての哲人たちが悩み続けた意味もないだろう。ただ、死はそれに接した生きた人間にとって意味を持つものであることだけは否定できないと思う。
 その方のブログを拝見し、ネコと暮らして感得することのできた11年という生命の重み、暮らしの中での心の交流の累積は、彼の死というものをただの終わりとしてではなく、清冽な感動と感謝をもって締め括られていた。死んだ者が復活するのか、あるいは魂となって存在するのか…その真偽いずれかは不明だとしても、死というものが、こうして生きる者を奮い立たせ、勇気づけるのだとすれば、その奇蹟以上に何をか求めようか。多様な形で確実に命は受け継がれる。

明日は雪とか…  banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風格と気品

060119kihin

 中身は甘えん坊のやんちゃ中年なんだけれど、写真で切り取った表情にはそこはかとなく気品と風格が漂ってきたようにも感じる(親ばか承知)。来月のバレンタインデーにはニッキも6歳。ある程度のサモエドらしい威厳は欲しいところではある。

060119kanroku
       肉入りフードと肉のスープが毎日食べたいぞ

 自分が仕事に出るときには、こうやってベッドの上に飛び乗って、後はまかせて!とばかり送り出してくれるのだが、見よ、この風貌、面構え。思わず、「あ、じゃあ行ってきます」なんてへりくだってしまいそうになってしまう。

遅寝早起きが続く  banner2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

世間は騒がし

060117kumori_1

 忙しい1日であった。もちろん子ども達の入試までの日が刻々と迫り、それに合わせて自分のノートチェック等の事務も増えつつあるけれど、今宵書きたいのは自分のではなく世間の忙しさ。

 某新興IT企業への強制捜査。某偽装事件に関しての証人喚問、某幼女殺人についての上告審判決言い渡し…。思えば11年前の今日は阪神淡路大震災の日であったと、栃木のサモ友さんのサイトを訪れて思い出した。そういう意味で事件の特異日といったものがあるのだろうか。

 本日の報道にあっては、上に挙げたような事件の渦中にある人、被害に遭った人、悔い改めなければならない人の生き様がクローズアップされているけれど、それらはすべて人の行為、いうなれば人の心に基づくものであって良くも悪くも、個々の人間の影響力といったものが感じられる。それに対して大震災の被害者、台風や津波、高潮などの被害者は数千、数万人といった量でのみ被害の大きさが測られる(もっとも人災の極みである戦争もまたそうかもしれないが…)。そこにも一人一人の人間や生き物の生命というもの、生活や思いというものがたしかに存在したはずなのである。決して無色中立な人間が平均的に生き、抽象的に死を迎えたわけではないのである。

 物事を考えるには様々な基準がある。ニュース価値としての選定基準はとくにそうであろう。生々しい人間のあり方が毀誉褒貶の対象となり、世論というものの争点(?)を形成する一方で、人が数としてしか把握されないのが通常であるのが現実。犯罪者であっても、文字としての意味は善良な市井の民より、はるかに大きいのである。とはいえ、通常は数としてしか把握されない人間それぞれの価値や生の重みは活字の大きさに比例しないはずである。
 ところが、現実には政治も経済も文化も、一人一人にあるはずの生の重みを具体的に尊重してはいないのではないだろうか。どうすれば尊重したことになるのかは難しい問題だが、そして国民が皆、有名になったり森ビルのマンションに住んだりすることは望んでいないかもしれないが、少なくとも、もっと個を語れる社会、自己実現を図れる社会を、いうなれば生きていて楽しい、生きていてよかったと思える社会を希求しているのではないか。台風が南海の不安定な気圧配置の下に発生するように、そうした落差が生み出した負のエネルギーが、人間の生き方や心のあり方に強く影響しているようなそんな気がする。事件の渦中の人も、いつの間にか大きな力と社会の歪なエネルギーに心を乗っ取られ、踊らされた犠牲者のようにも思えてくるのである。

 そうだ、忘れてはいけない。今日は友サモの誕生日でもあった!

060117kumori_2
     次に生まれ変わってもやっぱりサモエドがいいや

時として犬は人よりはるかに自由  banner2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ローストビーフ丼

060116beef_2

 マテだよ、マテ。それだけの価値あるマテだからね。

 今日は私(※管理人=これみつ)と同じおかずだからね。

060116beef_1

 これまた閉店時間のセール品なんだけど200円で8枚入っていた。安く買って美味しくいただこう。牛さん、流通の方、タイミング…いろいろなものに感謝!

幸せは心のあり方次第  banner2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

引張りっこ/ヨーグルト

060115seitennari

 良い天気になったね。

060115hoeru

 あ~あ、退屈だ。どこかに連れて行っておくれよー

060115hipparikko_1

 今日は家を空けられないんだ。そうだ、引張りっこをしようや!

060115hipparikko_2

 おっ、強くなったなぁ…。指が抜けそうだよ、マジで。

060115hipparikko_4 060115hipparikko_5 060115hipparikko_6

 おやおや、激しく動きすぎてループが絡まっちゃったい。

060115hipparikko_7

 うん、綺麗な歯だ。

ちょっと休憩。ひさびさにプチッとお願い→  banner2

060115yogurt_1

 激しく遊んだあとの栄養補給にヨーグルトをあげよう。

060115yogurt_2

 鼻にヨーグルトがくっついてるぞ

060115yogurt_3 060115yogurt_4

 美味しいかい。じゃあ容器ごと差し上げよう

060115yogurt_5

 両手を使って

060115yogurt_6

 時には片手で…

060115yogurt_7

 恍惚

060115yogurt_8 

 ひたすら…

060115yogurt_9

 それでは今日はこのへんで…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大好きな…

 たっぷりと雨の1日。例年より寒い寒いといいながら、去年よりも雪のない関東である。これが雪であれば相当積もったであろうと思われる雨量で、用足しのために外に出るたびにコートの水気を十分拭き取ってやらねばならないほどだった。

060114present_1

 ニッキにとってもひづめかミルクガムを噛んで過ごすしかないと思われた天候だったが、ニッキの大好きなサモエドの女の子Mちゃんのお家から素敵なプレゼントが届いた。香ばしそうなビスケットとカエルのオモチャである。

060114present_2

 このカエル、なかなか面白いオモチャで、独り遊び用というよりも、飼い主さんとの共遊び用。かといって、引っ張りおもちゃや手に被せて使う人形なんかとも違う、半自立タイプのスグレもの。

060114present_3

 ご覧のように、カエルのお尻から伸びたホースの元にはポンプが付いていて、これを握って凹ますとカエルが伸びたり縮んだりして楽しい動きをする。

060114present_4

 ニッキが咥えてからポンプを何度か押すと、「い生きてる!?」と思ったのか、焦ったような表情で口から放し、戦闘体勢の臥せの姿勢でしばらくじっと見詰めていた。

060114present_5

 それから危険なものではないと理解したのであろう。口に入れてキューキュー鳴るのを楽しんでいた。あまり熱心に遊んでぶんぶか振り回したり、走り回ったりされると壊れてしまうので、一度ニッキをサークルに入れてその中で遊ばせた。どっちが遊んでいるのか遊ばれているのかわからなくなってきたが、雨の日の過ごし方として豊かな時間を得ることができた。ありがとうKさん。

犬まっしぐら  banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

曇りなれど雪は降らず

060113kumori

 寒い1日だった。何となく風邪を引き摺りっぱなしのような感じで体調も冴えない。雪が降りそうな雲行きだったが、散らつきさえせず夜になってしまった。

060113ball_1

 昼過ぎにニッキと遊ぶ。

 年が明けて間もなく、ニッキとも遊んでくれる関西の友サモが胃捻転になった。飼い主さんの日頃からの観察が早期発見につながり、事なきを得たのだが、胃捻転は大型犬にとって致命的ともなりかねない重篤な状態である。ニッキも食事をできるだけ3回に分けるようにし、食事と給水のタイミングをできるだけ空けるべく、水場をフードと離れたところに設置するようにした。もちろん、運動や移動のための食休みも1時間近くは確保するように、今まで以上に注意しなければと思っている。

060113ball_2

 サモエドと暮らすにあたって、たくさんのサモ友さんから生きた形でのアドバイスを受けることができ、非常に感謝している。

060113ball_3

 ニッキ、中年の声を聞いてもパワーは年々増大していくように感じる。いや、こちらが弱くなったのかもしれないが、一応「中型犬」として分類されてはいるけれど、サモエドはパワーの点では立派に大型犬だろう。宿泊料金等やトリミングなどで「中型犬」であることのメリットを感じたこともなく、どうせなら大型犬で構わないではないかとの気持ちもある。

060113agemanjyu

 観劇に行った母が土産に揚げ饅頭を買ってきてくれた。ちょうど栃木のサモ友さんの掲示板で話題になったばかり。誠にタイミングが良い。美味かった。ただ、中のあんこが滅茶苦茶熱くなっていて舌を焼いてしまった。ねっとりとしたあんこなので、熱の逃がしようがなかった。

 明日は関西に遠征した教え子が難関校に挑戦する。人間として一回り大きくなって帰ってくることだろう。余計な物をすべて削ぎ落として、試験場に赴くんだよ。そして気負いなく問題とだけ向かい合うんだよ。

さむいど  banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

擦り付け

060112syugyousou
 大きいのをしてキレが悪い時に取る行者のポーズ。外でやるのなら一向構わないが、室内、それもカーペットの上でやるのはお願いだからやめておくれ。

寒い日はゆったり入浴  banner2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ポートレイト

060111portrait_1

 今日も朝早くからわさわさと仕事に追い立てられる。昼過ぎにいったん戻り、ニッキと日光浴。暖かい。

060111portrait_2

 ニッキの表情、ニッキの歩様を何とはなしに撮る。綺麗なものだと思う。一緒に暮らせて幸せだ。

060111portrait_3

 さてと、明日も頑張ろう。子ども達の春も近付いてる。

嗽と手洗いを!  banner2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ご馳走だよ!

060110baniku_1

 岡山の友サモ、コロちゃんの大好物は馬肉。脂肪分が少なくヘルシーな馬肉をニッキにも食わせてやりたいと思いつつ、なかなか馬肉を入手する機会に恵まれなかったが、過日ダイエーの閉店間際のセールで馬肉とボイル牛すじ肉を手に入れることができた。

060110baniku_2

 フードにトッピングすると、肉を咥えて安全地帯に持っていって食べるので、あまり行儀がよろしくない。そこで、今日はまずドライフードを与えてから食後のサプライズメニューとして馬肉を振舞った(デザートは就寝前にこれみつとヨーグルトを分け合う)。

060110baniku_3

 馬肉はコロちゃんの食べているような大きな塊ではなかったけれど、味は格別だったらしく、肉汁の染み込んだ大根のツマまでをペロリと平らげた。ニッキが美味しければ幸せなんだよ。

日記はコツコツ続けます  banner2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

戌年初トレ

050109seiten

 前回は二日酔いで欠席してしまったので、今朝は早めに起きて事前トレーニング。会場にも余裕を持って到着。昨日に引き続き、冬仕様の空が美しい。

050109with_Hakky

 今日は祭日とあってトレーニング会場となる城山湖畔の農村公園脇の駐車場にはたくさんの車が停めてあった。この公園を横切ってハイキングコースに入っていく人たちも多い。入り口近くにいた10歳になるというハスキーの女の子ハッキーちゃんと挨拶。ハッキー&ニッキーで何となくめでたいような…

050109aisatsu

 トレーニング前の挨拶時間。ニッキを繋いで犬たちと挨拶。今日はジャーマンシェパードのオリオン君のお友だち、ラブラドールレトリバーのリュウ君も一緒に学ぶ。ニッキも挨拶を済ませる。

050109hengao

 トレーニング前の臥せ位置を決めるために脚側行進をしていたら、ニッキ、大きくコースを外れて灌木の繁みに分け入ってしまう。良い匂いに惹かれたのだろうか。その結果ご覧のような変な顔。写真を撮る直前に眉毛の辺りに葉っぱがあったのだがもっとマヌケ面だった。それを見せられないのが惜しい。

050109fuse_1

 今日のトレーニング長時間の臥せからスタート。合間に招呼、キューキューボールでの誘惑、置き去り(姿隠し)などを取り入れる。最初の頃は結構集中力も高いのだが、次第にキュンキュンと鼻声で不満を訴えるようになる。

050109fuse_2

 後半では前脚こそ折り畳まないけれど、ネコが香箱を作るような座り方。すぐに立ち上がって、トレーニング友だちのところにまっしぐらに駈けて行けるようなスタイルになっている。もう本犬の中では遊びたい気持ち一色なのだろう。不本意ながら遠く離れずにマテ、マテとしつこく制止をかける。

050109freetime

 トレーニング終了後のフリータイム。何だか凧揚げをしているような感じ。下手をすればガウガウになる♂犬同士なので楽しく見守りながらもリードの張り具合は調整しておかなければならない。

050109pettan

 先生犬イチ君はもう眠くてたまらない。今日はハスキー、マラミュート、サモエドと北方犬3種がめでたく揃った。自分としては富士、鷹、茄子と同じくらいめでたい組み合わせだと思っている。

飽きっぽさ克服が今年の課題  banner2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

横山公園へ

 昨夜から気になっていた友サモの容態が落ち着き、仕事も一段落したので横山公園まで長めの散歩に出てきた。自転車のハンドルを握る手も冷えるので、手袋も必携だ。

060108Sherry

 公園に着いていつものコースを巡っていると、前からスマートなボルゾイの子が歩いてくる。この公園ではボルゾイに会うのは珍しい。近くまで行ってみるとなんと、しつけ教室のお友だち、シェリー君だった。彼も大きな子(といっても彼の方がニッキより大きいのだが…)が苦手のようで、ちょっと鼻合わせをすると後に下がってしまった。同じロシア系同士、早く一緒に遊べるようになりたいね。

060108Yokoyama_park_1

 公園と相模線を接する擁壁に生えていた丈の高い雑草を伐ってくれたので丹沢方面の展望が利いた。山にかかる雲の具合、陽の加減が素敵だった。ニッキの優しそうな表情も良いでしょ?

060108Yokoyama_park_2 060108Yokoyama_park_3

 春の生命感溢れる光景にも、夏の濃い青空にもサモエドの白は映えるのだけれど、秋や冬の枯れた背景の中にあってサモエドの存在感は一層益すようにも思える。冠雪した富士こそが富士らしいように。やはりサモエドは極北の犬なのだろう。

060108in_Cookie

 いつものように帰りの停車駅は最初にクッキーさん。お店のMさんに撫でていただき、お客さんコーナーのオモチャを物色する。ピーピー音の鳴るクチビル型のオモチャをゲット。

050108toy

 ウナギイヌみたい(笑)。

060108aisatsu

 続いての停車駅は…Foot Stampさん。ニッキの大好きなトリーツは売り切れだったのでまた今度とし、ひづめを買って帰る。今日はロングコートチワワの男の子とご挨拶。

 さて、明日は新年初のしつけ教室。今日は早めに寝なくては…

ニッキも数えで6歳か…  banner2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サモエド気候

 夜明け、とは言ってもまだ真っ暗だったが、目が覚めるとともに悪寒と頭痛を感知。いけない、このままだと大変なことになりそうだと思い、床を出て葛根湯を飲む。ついでに、付き合って起きてくれたニッキの排尿も済ませる。寒さが増し加わるにつれてニッキの排泄、とりわけ排尿の要求間隔も短くなる。それゆえ、それほど行きたがらないような時でもチャンスがあれば促すようにしてやっている。

060107ice_1

 ニッキを収容して一眠り。少し寝坊したが幸い寝ている間に風邪の元は退散してくれた。普段出講している教室でも体調不良で倒れてしまった先生がいらっしゃると聞く。この時期、子ども達はもちろん、彼らと伴走する講師の側も心身ともにトップギアに入っているのでちょっとした疲労が引き金となって大きく調子を崩す。万事、心しなければと思う。

 サモ友さんに送っていただいたぷりぷりした煮干をトッピングした朝食をニッキに取らせた後、ウィンタースノー軽減のための午前の日光浴。ニッキの水飲みタライには写真のような分厚い氷が張っていた。今まで見たこともないような厚さである。

060107ice_2

 ニッキ、自分から氷盤を受け取ると早速解体作業に取り掛かっていた。いつものようにちょっと力を加えても割れないので当初は梃子摺っていたが、そこはパワーの有り余るサモエドのこと、頭を使って高い場所から落とす…などという賢げな方法は採らず、「正攻法」で振り回し、噛み砕いていた。そうしてできた欠片を大切そうに両手で押さえて、ちょうどピザでも食べるようにしてガリガリと齧る。

060107ice_3

 まさに自然からのプレゼント。オモチャとして楽しみながら水分も摂取できる。ただ、あんまりガリガリやっているとお腹を壊すかもしれないので、程ほどにさせて収容した。

060107ice_4

 今日は相模原校での冬期最終授業。寝坊した分、わさわさと準備に追われたがニッキとの時間はそのための活力を得るための大切な時間である。明日もまた1月受験に臨む生徒が多い。普段の50パーセント増しくらいの密度で授業を行い、とにかく今日は早く寝るようにとアドバイスした。寝なきゃ勝てない、朝方にリズムを切り換えなさい…宵っ張りの人間が強調しても今ひとつ説得力がないだろうか。とまれ、一足早い春の気配を感じ取って来て欲しいと切に祈る。

冷蔵庫の中の方が外より温かい  banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初陣

060106jyuku
      喫茶店から自教室を見上げる

 いやはや、今朝も寒かった。膝の奥にまで寒さが沁み込んでくるような厳しい寒気である。早起きして東京に出て、雑用を片付けてから仕事場のある町田へ移動。昼に食べた大盛り炒飯で腹が張ったこともあってか、午後の凄まじい眠気に耐えられず、携帯のアラームを3重にセットして仕事場の前の喫茶店で仮眠を取る。コーヒーを飲むだけならすぐ近くにドトールもあるのだが、ここ(ルノワール)のソファが大変寝やすいのである。残念ながら一番寛げる奥まったところにあったリビングソファのような椅子は、耐用年数を過ぎたのか、長く居座る客が多くて店の回転に差し支えるのか、いかにもダイニングキッチン風の装いのものに変わっていたが、座り心地はそれほど悪くなかった。

 ただ、ここはちょっと変わっていて、年配の人間が数人連れ立って議論だか討論だかをしているような席が多いので、そういった場所は慎重に避けなければならない。自宅のリビングのように呵呵大笑をしている御仁もいらっしゃるし、年賀状を書いているおばさんもいた。が、こちらが座った後近くにどんな客が来るかはわからない。今日なども、聞くつもりは毛頭ないのだが、初老の男二人がすぐ近くに座り、自分はトレーニングとして三浦半島でマラソンをしているが、血圧が高くならないようにするにはどうするかとか日頃の健康管理とかの話をしだした。何を話そうが問題ではないのだが、仕事柄「言葉」に反応するような頭になってしまっており、会話のやりとりの裏にある人間関係とか自己顕示欲のようなものが鼻に付き、安らぐことはできなかった。

 結局少し早めに教室に入る。普段担当していない子どもたちも積極的に課題を貰いにやって来る。嬉しいことである。結果論だが、早めに教室に来るのが正解だった。預かりノートをチェックしてから定刻より授業に臨む。今日が町田校における冬期休暇中の最終授業となる。授業の後、注意すべきことを数点確認しようと思ったが、それは何だか子ども達のためというよりも、自分自身を安心させるもののような気がして、敢えて触れないことにした。曰く、文章を理解しなければ問題は解けない。曰く、設問の要求を叶えてやれ。曰く…。くどくど言うまい、きっと普段教えてきたことは彼らの血肉と化しているはずである。

 明日子ども達は、力試しを兼ねての受験に向かう。俗にいう1月受験ではあるが、塾の内部テストでも公開テストでもない実戦であることには相違ない。「可能性」としてではない、合否という厳粛な事実の判定が下されるということである。寒さに身を縮めて家を出ても、会場に着く頃にそれは武者震いに変わっていることであろう。見事初陣を飾って欲しい。

緊張して構わない  banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲を見ていると

060105clouds

 ニッキ、非常に食欲旺盛。脚の指のジクジクも全くない。人間が寒く感じるぐらいの方が健康に過ごせるようだ。そう考えると、ばか暑く湿潤な夏の関東はサモエドにとってはやはり辛かろう。ただ、自分にとってどうしても必要な存在になってしまった今となっては心地良い夏の過ごし方を考え、実地に工夫していくしかないだろう。いずれ夏の仕事も減らし、2週間程度避暑地または北国で過ごすというのが理想なのだが、叶うだろうか…

 仕事に出るとき、国道を渡る信号機がちょうど赤となってしまったので歩道橋を渡った。いつもならかったるいだけの歩道橋なのだが、そこから見る西南の空がとっても美しく、しばし立ち止まってしまった。これほどに素晴らしい自然に包まれながら、心を鈍くしてなにをこせこせと生きているのだろう。もっと大らかに、空を見て星を見て新鮮な大気を肺の奥底まで吸って、生きていることを感じてみることもなく命が尽きるとすればなんと不毛な生涯だろうか。自然の風物にこれだけ動かされる心がありながら、小さな生活にそれを封じ込めていることはある種の罪ではなかろうか…。そんなことを思いながら駅前通りを歩き、気が付くとコピー機の前で必要枚数をカウントしている自分がいる。まあ思うようにならないのが人生の本質らしい。

人も犬も自然の一部だ  banner2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

初荷♪

syukka
         今日はおどりじゃないんだよ

 いつも美味しい牡蠣を送っていただく、兵庫のサモ友Yさんへの感謝を込めて。日本全国津々浦々に牡蠣のパッケージを集荷するイメージでニッキのGIFを作ってみました。犬の手も借りたい忙しさでしょうが、風邪など引かずにがんばってください。

 今日は少々疲れているので早めに寝させていただきます。このところ、なかなか腰を据えて書くチャンスに恵まれないブログですがどうか応援よろしくお願いいたします。

今日も湯たんぽ入れて寝ようっと  banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事始め

060103kachikachi

 一昨昨日のタイトルが「仕事納め」で年明け早々に「仕事始め」。ビデオの早送りみたいなテンポである。とくにこの両日は6年生の授業のみとなるため、朝一からの出となるのが少々つらいところ。凍てついた人気のない大通りを行き、これまた眠そうな表情の子ども達を徐々に目覚めさせ、正月気分に溢れた家族連れの脇をすり抜けるように買い物をして帰る…。が、朝の青空は清々しく、昼休みに訪れた松屋は閑散としていてキッチンも殺気立ってなく、悪いことばかりではない。

060103torenai

 それにしても、今朝は相当冷え込んだ。前日ニッキの排尿跡を流すために撒いた水が凍り、さすがのニッキも床に貼り付いたオモチャを剥がすことができない。ホースリールも凍結しかけており、水がチョロチョロ…。スケートリンクのようになった床面でニッキが不安定なすべり心地を楽しんでいたが、関節に悪影響があるといけないので止めさせた。

 仕事から戻り、一息ついてから一昨年の卒業生が年始の挨拶に来てくれる。進学した中学では学業、スポーツと頑張っているようだ。教え子がスクスクと成長してくれるのは何とも頼もしい。小太郎もなついているようで、楽しい時間を過ごすことができた。子ども達の冬期休暇の間は上り坂。中盤にやや余裕ができて後半から最後の追い込み。今年教えている子ども達の表情もキリリとしてきた。

賀状を見てサモエ道の険しさを感じた  banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月二日は締まりなく

060102akubi

 今日で正月休みは終わり。明日からは朝一で仕事。自分にとっては例年の営みでも、子ども達にとってはここ一番の勝負の冬。自分もまた気合いを入れないわけにはいかない。

 朝は9時近くまで寝て明日からの授業に備えて体を休め、講習日程明けの直前授業の準備をしようとするも、会社の教材製作部署から直前授業用のテキストやプリントがまだ送られてこないので結局、今日は預かりノートをチェックしてから賀状や正月版の分厚い新聞・チラシの整理、身の回りの整頓などで時間を費やしてしまった。生産性という点からすると聊か不完全燃焼の感あり。何事も前倒しで準備をしておきたい、というよりも後手後手に回った場合に生じる連絡ミスや準備不足の混乱というのを避けたい、自分のリズムの上に仕事の手順を乗せてしまいたいというのが自分の考えなので、単純な事務的な面で、初っ端から歯車が噛み合わないとどうもいけない。気分転換のため、ニッキと少し遠くの公園にでも行こうかと考えたが、昼からの雪混じりの雨のため断念。また犬を連れて行ける店もまだやっていないだろうと思って、ダラダラと過ごしてしまった。ダラダラもまた長い人生では大事なんだろうけれど…

 届いた賀状を整理しつつ、知った顔、懐かしい顔を浮かべて想いを静かにめぐらせる。さてと、今年はどんな年にするべく努力していこうか…

サモ友さんからの牡蠣が美味しかった  banner2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本年もどうぞよろしくお願いいたします

060101kinga

 あけましておめでとうございます

 旧年中は、サモ友さん、犬友さんに大変お世話になりました。

 本年もまた「にきにき日記」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

ミルクセーキを飲みながら…  banner2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »