« 濃厚なる1日 | トップページ | 那須へ »

帰相


 狭い車の中でも随分寝られるようになった。松代SAを車中泊の地にしたのは家までの距離の他、夜は冷涼だろうという見込みの下。思ったとおり夜明けは肌寒いくらいで10cmほど開けた窓を閉め切ったくらいだった。給油をしてから7時過ぎに松代を出発。更埴のJCTを過ぎて暫く走ってから梓川SAに入る。ここはニッキと暮らす前に一度訪れたことがある。多少靄っていたけれど北アルプスの山々を観望することができた。10時に松本城近くの駐車場に車を止め、松本城を巡る。姫路城や岡山城ほどの縄張りではないものの、黒塗りの壁を持つ天守閣は国宝の名に恥じない堂々たるものである。犬の立ち入りをヒステリックに禁じる立て札も見当たらないのが嬉しいではないか。この後近くの開智学校前でニッキの記念写真を撮り、11時過ぎに松本を離れる。松本城内でも、開智学校に隣接する開智小学校の校庭でも大規模地震に備えての消火訓練や避難訓練が行われていた。旅の途中に災害に巻き込まれたらどうしよう。そういう事態に至らないことを祈るばかり。



 もう少し涼しければ昔軽トラックでよく訪れた諏訪の町をニッキに見せてやろうと思ったが、外気温が30℃近くあるので諏訪湖SAからの展望だけで勘弁してもらった。蓼科や八ヶ岳も沿線には控えているけれど、今日はあんまりのんびりできない。ショッピングセンターのように賑わう談合坂SAで最後の休憩を取り、一路自宅を目指す。14時過ぎに総走行距離1599.7kmの旅を終える。

|

« 濃厚なる1日 | トップページ | 那須へ »

にきにきにっき/はっかにっき」カテゴリの記事

城にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/6620364

この記事へのトラックバック一覧です: 帰相:

« 濃厚なる1日 | トップページ | 那須へ »