« 一区切り | トップページ | ニッキデイ »

ぼつぼつと


 年末はまとまった時間が取れないので、そろそろ大掃除にかからねばと思い、今日はその形だけを整えた。我が家の臓物が詰まっている大納戸から手を付ける。心にねじり鉢巻で。

 掃除といっても要は無駄なものがスペースを占有しているところに根本的な問題があるのだから、まずはゴミをまとめて袋に入れることからスタートする。整理や収納はその後だ。整理作業の合間にも捨てるべきものが見つかるが、それ以前に軽くしておかなければいけない。どんどん袋に詰め込むべく努力する。いったん迷いだすと迷いが広がる、半分見なかったことにしてとにかく袋に入れる。

 そして次にいわゆる資源ゴミを一箇所にまとめる作業へと移る。ここでは主に、古い会員誌や綺麗な箱について迷いが生じる。カード会社の会員誌や旅行案内といった類はほとんど読まない割には各月の号が揃うと取っておきたくなる。が、これも数年前のものは一括して捨てるという規則を厳格に適用するしかない。我が家の書庫はもはや飽和状態。本の形を取っているものは捨てるに忍びないのだが、自分で買った本以外に前に生きていた者が残した本が権利を主張しているのでやむを得ないことなのだ。そう、箱も頑張って潰す。容器が美し過ぎるとこういうときにも困るのである。過剰包装は資源の面だけでなく、捨てられない悩みももたらす。

 と、まあこんな感じで出せるものは出せるように準備を終えた。だが、なかなか頭に思い描くようにはきちっとキマらないものである。家の中にある物品のおそらく80パーセント以上が不用品あるいは重複品だと思う。たくさん物を持っていてもそれを把握していないと同じものを買ってしまったり、代用品で妥協してしまったりと結局は持っていないことと同じことになる。ネット空間の情報検索に遅れて漸く、自分のPC内部の情報検索のサービスが提供されるということに灯台下暗しの感を得たが、自分の家がどうなっているかもしっかり把握していない人間が疑問を持つこともまた滑稽なのかもしれない。いや、果たして自分自身のことですらどれだけ理解しているか、こちらの方がはるかに怪しい。

|

« 一区切り | トップページ | ニッキデイ »

にきにきにっき/はっかにっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/6620026

この記事へのトラックバック一覧です: ぼつぼつと:

« 一区切り | トップページ | ニッキデイ »