« コロちゃんとサモ君 | トップページ | 愛知の犬友と »

旅の最後の朝


 今回の旅の最終宿泊地は姫路。夢さんの住む室津から海沿いに東に向かうと1時間程で到着する。犬と同宿可能の部屋は4人まで同一料金の和洋室のみで、多少割高だったが安心して同じ屋根の下で犬と過ごせることのありがたみには代えられない。少しでも旅の疲れを取り、データの転送や整理をするのにもちょうど良い基地となった。また、ここのホテルのユニークなところは、専用庭が設えてあることである。近くは国道2号線が走る繁華街なので、一度浴衣に着替えてからは外に出るのが億劫になるし危険も多い。が、ここはベランダが6畳くらいの植え込みになっており、犬の排泄ができるようになっている(事実上できるというのではなく、ちゃんと糞の処理道具なども置いてある)。弱みは併設の立体駐車場に大きな車が入らないため、近くの駐車場に1泊させねばならないことであろうか。フロントさんの求めに応じて、ホテルの前で記念写真を撮ってから宿を出る。

 車を入れた駐車場まで国道2号線を横切り、十二所神社の脇を通って5分。8時前に車を出した。快晴で朝の光が眩しい。姫路駅前から北に伸びる50メートル道路の前に白鷺城が威容を誇る。そのまま通り過ぎてはやはり失礼であろう。1時間まで無料の北の門駐車場に車を入れて前回見なかった東側をニッキと散策する。出すものを出し切ってニッキの表情も爽やか。9時に姫路を後にする。

 どこにでもあるような郊外の道を走り、姫路東ICから山陽自動車道に乗る。今度は東へ東へ…。何回か関東と関西を往復するに至って漸く、山陽道から名神、東名の時間距離感覚がつかめるようになってきた。長良川を渡る辺りで1時間ほど工事渋滞に悩まされるも名古屋ICをほぼ予定時間に下りることができた。最後の給油を済ませて最終経由地ドッグランダックァに向かう。

|

« コロちゃんとサモ君 | トップページ | 愛知の犬友と »

にきにきにっき/はっかにっき」カテゴリの記事

城にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/6619944

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の最後の朝:

« コロちゃんとサモ君 | トップページ | 愛知の犬友と »