« 移動日 | トップページ | ふるさと高知へ ※9日の記録です »

四万十にて再会 ※9日の記録です


 朝、雨は上がっていた。波も昨日より穏やかになっている。ニッキの排尿を済ませてから8時にニッキと食事室に入り、ゆっくりと朝食。9時にチェックアウトを済ませ、足摺岬灯台まで散歩を楽しむ。苔の生えたコンクリートの足場は悪いが、天気は上々。灯台で記念撮影をしてから10時に出発。今日は景色の悪いスカイラインをやめて、岬の東岸の細い道(お遍路ロード)を行くことにする。真っ青な太平洋の美しさに、途中何度も車を停めたくなる。土佐清水の市街を抜け、途中、下川之江の郵便局で旅費を下ろしてから給油を済ませ、中村を経て大正町を目指す。

 出発が予定より遅れているので、2車線の国道439号線を順調に飛ばすが、途中の住次郎という集落からなんと1車線の山道になる。所々擁壁が崩落して落石がせせり出ていたり、谷側の路肩が傾いているのを見て、肩に力が入る。クラクションを鳴らしながら、見通しの利かない延々15Kmを安全に急ぐ。予定より10分早く、12時20分に道の駅四万十に到着。りきさん親子(優人君、直人君)、ネコ友のうめこさんたちと再会の挨拶を交わしてから憧れの四万十川へ。水量が多く、ニッキを漬けてやることはできなかったが、翡翠色の水が勢い良く流れる様は圧巻だった。隣接する轟公園の芝生広場で巻き寿司の昼食を取りながら、ニッキは子ども達と遊んでもらう。遊歩道沿いに咲く花をニッキの髪飾りに挿してくれたり、ニッキに語りかけたりと子どもと犬との触れ合いは見ていて実に良いものだと思う。



 食後、少し離れた大正町の中心地にあるりきさんの家へ車で移動。お茶をごちそうになってから街をぶらつく。栗焼酎を手に入れたくて、それを扱っている地酒屋さんを探していたところ、ニッキを見て、「わぁ、かわいい犬!」と飛び出てきた女性の働いている酒屋さんが当の酒蔵であった。面白いものだね。

|

« 移動日 | トップページ | ふるさと高知へ ※9日の記録です »

にきにきにっき/はっかにっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/6619937

この記事へのトラックバック一覧です: 四万十にて再会 ※9日の記録です:

« 移動日 | トップページ | ふるさと高知へ ※9日の記録です »