« 四万十にて再会 ※9日の記録です | トップページ | 讃岐うどんめぐり »

ふるさと高知へ ※9日の記録です


 15時にりきさん親子とお別れをして、高知の病院で働くうめこさんと一緒に、高知市を目指して出発。途中、窪川までの四万十川に架かる沈下橋や、中土佐町の雄大なパノラミックビューに視線がちらちらと動く。ゆっくりと滞在するタイプの旅もニッキと一緒に楽しみたいなと考える。西は須崎まで延伸してきた高知自動車道に入ると、高知は早かった。16時45分に高知ICで降り、うめこさんの働く病院に車を停めて、市内ガイドを兼ねてニッキ号に同乗していただく。17時過ぎに高知城に着いたのは良いが、駐車場が閉まっていた。強引に出口から突っ込み、閉鎖するまでの17時30分までということで何とか許可してもらう。どうせ、犬連れでは天守閣には登れないのだから構わない。うめこさんにも付き合ってもらって大またの駆け足で天守閣を望む二の丸展望台へ。ニッキはどこにこれほどの体力を温存していたのだろうか、ここぞとばかり駆け上がっていた。お城から見る高知の景色はなかなかのものだった。何時間いても印象に残らない名所、わずか数十分でもくっきりと記憶に残る名所がある。目で見ることだけが観光なのではないと思う。日も沈み、暗くなってきた。またこれから友人の家に遊びに西を目指すといううめこさんを病院の駐車場まで送り届けてから、ニッキの実家どらGONさんのお家を目指し、高知バイパスを西へ。18時7分にどらGONさんの奥さんの犬グッズのお店「リラックス」へ。また乱雑になってきかけた荷物の整理をしてから19時にどらGONさんの家に移動。



 ニッキとお母さんのモロちゃんを対面させてから、お寿司の晩餐に与る。ニッキには留守番を頼み、どらGONさん一家と22時過ぎに立ち寄り湯「高知ぽかぽか温泉」へ。入場料は普通の銭湯並なのに、サウナあり、露天風呂ありで非常に楽しい。0時前に戻り、どらGONさんご夫妻と深夜のサモ談義。ニッキの故郷で安心してぐっすりと眠る。

|

« 四万十にて再会 ※9日の記録です | トップページ | 讃岐うどんめぐり »

にきにきにっき/はっかにっき」カテゴリの記事

城にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/6619938

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと高知へ ※9日の記録です:

« 四万十にて再会 ※9日の記録です | トップページ | 讃岐うどんめぐり »