« ノア君、会いに来たよ(1) | トップページ | 出雲から九州へ »

ノア君、会いに来たよ(2)


 米子近郊からのりんさんに待ち合わせ場所である湯の川道の駅の到着予定時刻を告げる。当初予定していた松江城観光も、この雨では無理だろうと思って…。米子の市街を抜けると国道9号線は一本道となり、走りやすくなった。松江に近づく頃、雨が止んだ。西の空が明るくなってきている。松江城に寄ることに決めた。到着予定時刻を30分程度伸ばしていただき、大手前駐車場に車を停めて、ニッキと一緒に天守閣を足早に廻る。実は松江には20年以上前に一度来たことがあるのだが、その時とまったくイメージが異なっていた。旅とは面白いものである。途中で出会う団体さんのグループから「まぁ、綺麗な犬」「しろくまみたいだねぇ」と飛び切りの賛辞が送られる。ニッキ以上にヘラヘラしているのは自分の方だったろう。自分が誉められても全く嬉しくないのに、ニッキだと頬が緩みっぱなしである。



 14時過ぎに松江を離れ、あとは一本道を西へ西へ。45分に待ち合わせ場所に到着。のりんさんのご一家、そしてりく君、リオ君とご対面と相成った。ニッキはリオ君に鼻の皺を寄せられていたが、ノア兄さんでないことにがっかりしていたのかも知れない。この頃からまた雨が降り出した。のりんさんのお家に着き、ノア君にお参り。パピーの時代から病気と闘っている最期の時までのアルバムを見せていただく。素晴らしい時間がそこにあった。「ノアは我が家の子になって幸せだったろうか?」というコメントが付されているところがあったが、「間違いなく、ノア君はのりんさんの家の子になりに来たんだ」と断言できる。のりん家に着いた当初の激しい雨が少し弱まったのは17時前。やはり山陰にお住まいのけいちんさんと出雲ドームで待ち合わせて日御碕に向かう。出雲大社の前を通り、日御碕に着く頃になるとまた雨は途切れ、雲間からは光も差し込んでいた。太平洋とはまた違った荒々しさを持つ日本海。ニッキが初めて目にする日本海。ついにここまで来たのだ…。

 けいちんさんとドームでお別れし、のりんさん姉妹に本日の宿泊地である平田市のビジネスホテルまで送っていただいた。今日、こんなに楽しい思い出を作ることができたのは優しいノア君のおかげだよ。ずっと君を忘れないからね。ありがとう。

|

« ノア君、会いに来たよ(1) | トップページ | 出雲から九州へ »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/6619932

この記事へのトラックバック一覧です: ノア君、会いに来たよ(2):

« ノア君、会いに来たよ(1) | トップページ | 出雲から九州へ »