運試し

170627doyon

 家を出て空を見上げたら今にもゲリラ豪雨になりそうな怪しげな雲。

 信号機が青になったので家に引き返して傘を持ってくるのは面倒臭い。今日は仕事場が相模原の駅ビルなので、えいままよと運試し。10分間結構ドキドキ。あー、PCシャットダウンしてくるんだったなーと後からあれこれ引き摺る。

 なんとか持ってくれた~。感謝。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の毛呂山快適化計画 夏草編(2/完)

170626moroyama_30

 蚊遣りをしないで手早く庭作業を済ませようと思ったのが仇となって、家に入ってから腕に何箇所か刺された痕が痒くなってきた。せっかく来たんだからと怠け心を制して室内の片付け仕事へ。

170626moroyama_32

 以前雑に仕分けしておいた物品を天袋から引き摺り出す。例のごとく、ゴミ以上お宝未満といった品々とご対面。捨てたがり、取っておきたがり、両方の気持ちの中で粛々と作業を進める。

170626moroyama_34

 そして謎の薬たち。

170626moroyama_36

 「六神丸」に「銀山丸」。この摩訶不思議、言霊チックなネーミングセンスはどういった辺りに由来するものやら。

170626moroyama_38

 正倉院御物に模した螺鈿硯箱の裏書。戦前の物なのでプラスチックではないんだけどプラスチックっぽい。

170626moroyama_40

 どひゃっと処分に困るショッキングピンクの鉛筆たち。昔の物なので書き味悪そう。だからといって捨てるには忍びない。

170626moroyama_42

 ズッシリとした銅製のペーパーナイフ。松坂屋の粗品のようだがこれはなかなか気に入ったぞ。

170626moroyama_44

 細工の込んだ箱根細工の箱。継ぎ目がほとんどわからないような蛇腹扉になっているのには感動。ネズミや虫にもやられていないし良いものなんだろうなとは思う。ただ、何度も開閉できるだけの耐久性があるのかどうか・・・。綺麗だけどこれもまた誰の目にも留まらないままビニールに包んで徒に保存を続けるだけに終わりそう。箱根細工の記念館みたいなのがあれば寄贈したいんだが、それほどの価値もないんだろうな。帯に短し襷に長し、か。そんなものばかり。

170626moroyama_50

 進んでいるようで滞っているようでたまに何してるんだろうと思う。鬱屈した気分を回復してくれる毛呂山の空と雲。何があるという町でもないんだけど、好きになったなー

170626moroyama_52

 地付きの自由ネコ。名前はあるのかな。差し当たり、さばしろうと名付けておこう。女の子だったらゴメン。

170626moroyama_54

 いつもの福順へ。月曜日と金曜日は生ビール1杯250円。ちょっとジョッキは小さいけどね。労働の後は美味しいんだよ。

170626moroyama_56

 シンプルな昔ながらの冷やし中華。家ではごまダレだしキムチは載せないけど、酢醤油ダレにはキムチが合う。これに好きな丼が付いて880円。ビール2杯頼んで1380円なり。

 食べ放題飲み放題もあるけど、この後家に帰らなければならないことを考えるとほどほどにしないとね。

 終

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の毛呂山快適化計画 夏草編(1)

170626moroyama_02

 昨日は車で毛呂山から帰って友人の家まで行って、そのあと軽く飲んでとみっちり時間を使ったため少々疲れた。雨だったら家でゴロゴロしていようと思ったんだけど、ちょうどよいくらいに晴れたので電車で毛呂山に向かう。

 とにかく眠かったので車内で眠って一番楽できる経路を使う。さすがにラッシュの余韻を残す横浜線は混んでいたけど、八王子から高麗川までの八高線では座って半分夢見心地。いつもは時間がもったいないからと高麗川から乗るバスにも乗らず、30分以上待ち時間のある高崎行きの列車に乗ってうつらうつら。意外とこういう睡眠って疲れが取れるんだよね。毛呂駅で下りずにもう一つ先の越生まで行き、東武東上線に乗り換えて武州長瀬の駅までいけばそこから10分弱歩けば着く。

 坂戸や川越、ちょっと遠いけれど池袋方面に向かうのであればそれほどアクセスは悪くないところなんだなと思う。

170626moroyama_08

 昨日はわさわさして荷物を搬入するだけだったので、なんだか久方ぶりに訪れた感じがしてしまう。

170626moroyama_12

 見た目にコレジャナイ感があるうちは実際に使い勝手も良くない。ただ、取りあえず基本的なレイアウトをしてしまわないと次に繋がっていかないので、暫くはこんな感じで問題点を洗い出す。

170626moroyama_16

 梅雨で引っ付いた落ち葉と熟してぐちゃぐちゃになった梅の実がそのままだと廃屋テイストになってしまうので、アプローチ部分を掃き掃除。スッキリしたshine

170626moroyama_18

 今回、一番やってしまいたかったのがキャットヘッドガーデン。梅の実が鬼のように落ちて程よく熟して良い香りがするのは悪くないんだけど、石にべちゃっとこびり付いたり、虫たちの群がる原因となってしまったりとマイナス面が大きい。隣の梅の木なんだから、拾い集めた梅の実を全部隣にぶちまけてしまいたくもなるが、そこは大人なので我慢。数分に一回、ぼっこーんと大きな梅の実が地面に衝突する。頭に当たったら結構痛そうだ。

170626moroyama_20

 まだ梅の実が落ちてくるので、あとは箒で掃いておしまいにしよう。

170626moroyama_22

 薔薇の木は大切にしてやりたいんだけど、ネコと一緒でちょっと大切にしてやると好き勝手に枝を伸ばしてくる。綺麗な花を咲かせてくれるんだったら我慢するけどね。その辺はトリックアンドトリートのネコよりはマシか・・・

 このブリキハウスの中には、虫の嫌いな竹酢液を練り固めた羊羹みたいなのが入っている。雨で流れてしまわないように覆いの役割を果たしてくれている。

170626moroyama_24

 ビフォー画像を撮っておくの忘れたが、凄く通りたくない状態だった(笑)

170626moroyama_26

 ご近所さんのためにもえーんやこーら。この辺りも過疎化が進んでいるので空き地なんかは草ぼーぼーになりやすい。家の周りだけでもちょっとは小奇麗にしておこう。

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«パッと行ってパッと帰る