台風10号北上 日本海に抜ける

160830taifu10_02

 台風10号は太平洋の沖合いを北上して、夕方18時頃に岩手県に上陸した。

160830taifu10_04

 夜の間何度も気象情報をチェックしながら、気まぐれな台風10号のこと、急に進路を西に切ったりしないだろうかと落ち着かなかった。写真は台風9号に備えたままの後ろ向き物置。数年前の台風15号に扉を吹き飛ばされて中のビニール袋がバアッと悲惨したことが未だにトラウマ。

160830taifu10_06

 昨日のブログでレンガ色のポスターなどと書いてしまったが、お昼、駅に向かう途中に見たら紫青色だった。恥ずかしい。「完全閉店」も見間違いであって欲しいと願ったが、これは残念ながら正しかった。

160830taifu10_08

 台風空だなー。町田市内では昼過ぎに結構強い雨が降ったが、ぼんやりとした虹の出た後は、青空を望むことができた。夜になってひんやりとした風が肌を撫でる。秋が来たのだろうか・・・

Anber005

※パピヨンちゃんの里親さん募集します

 健康で毛吹きも良い甘えん坊の6歳の女の子です。カラーは黒と白。家族同様に迎え入れてくれる方を探しています。里親さんになっても良いよという方は、コメントでお知らせください。お待ち致しております。

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2015年11月29日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たまにポチっとしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエー相模原店完全閉店

160829daieiheiten_01

 仕事を終えて疲れた頭でぼーっとして歩いていたら、ダイエー相模原店の前に見慣れない幟が立っていた。「完全閉店」とある。紳士服量販店なんかに良くあるような「なんちゃって閉店セール」ではない、悲壮な感じすら受けるレンガ色の重々しい色調だ。

160829daieiheiten_02

 家に帰って調べてみたら、11月16日で全館一斉に閉店してしまうらしい。近くのスーパーとの競合や十分な駐車スペースが得られなかったことなど、いろいろと理由があるようだが、建物の老朽化もその一つらしい。思えば相模原に移ってきてから暫くは、雑貨はアイワールド、食品はダイエーというのが例だった。思えば自分も半世紀以上生きている。建物だって古くもなるわけだ。かつてはダイエーと言えば泣く子も黙るスーパーマーケットだったんだけどな。諸行無常だ。

 地下の食品売り場では、半額見切り品のお世話になったっけ。お蔭でダイエットを余儀なくされたけど、有難かったな。以前ほどの勢いはないとはいえ、イオンの傘下に入ってもまだまだ頑張ってくれると思ったのに残念。相模原からまた一つ馴染みのスポットが消えていく・・・。この前イオンカードに切り替えてしまったダイエーのポイントカード、どうせなら残しておけばよかった。

Anber005

※パピヨンちゃんの里親さん募集します

 健康で毛吹きも良い甘えん坊の6歳の女の子です。カラーは黒と白。家族同様に迎え入れてくれる方を探しています。里親さんになっても良いよという方は、コメントでお知らせください。お待ち致しております。

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2015年11月29日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たまにポチっとしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白狗くん大きな空へ

100613hakku_00

 ニッキとのんのの初めての子となる白狗(はっく)くんが天に駈けていった。4頭の牡(白狗、太郎、プーシンカ、白夏)と1頭の牝(アカリ)の中で一際大きく成長し、ともに暮らす異父弟の友夢(とむ)くん、友(ゆう)くんの良き兄、親分だった。

 牡犬同士である父親のニッキや兄弟の白夏とは激しいガウガウになってしまったけれど、目元や表情には同じDNAを感じ、同じ血が流れる故の反目なのだと納得した。

100613hakku_02

 10歳を過ぎて、同胎の兄弟から何度か体の不調を聞くことが多くなり、白夏もまた10歳の誕生日を前に、血液検査で腎臓機能の異常が判明した。無念ではあるけれど、加齢に伴う臓器不全に対してはまだまだ医療は根本的な対処をなし得ない。白狗くんを見守るMさんも無念の辛く長い時間を過ごされたことだろうと思う。

 ただ、白狗くんにとっての10年は、彼のために自然の豊かな地へと移り、美味しく体に良い食事の素材を選び、風光明媚な各地をともに巡り、血の繋がる弟たちと暮らせるように気遣ってくれたMさんご夫妻との幸福で充実した時間だった。もちろん、Mさんご夫妻も白狗くんたちからたくさんの幸せを分けてもらったに違いない。

 愛する者を喪う切なさに対して何の慰めの言葉もないけれど、天国のニッキと自分からMさんご夫妻と白狗くんに、心からありがとうの気持ちを伝えたい。

Anber005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«誰かと思えば